勤務先が労災隠しをしている時は、弊所にご相談を!

弁護士法人キャストグローバル越谷レイクタウン支店では、交通事故の被害者に向けた、医学的なサポートを得意としています。とりわけ、後遺障害の申請といったように、どうしても医学的な知識が必要な場面が出てきます。そうなった場合、法律に詳しい弁護士に頼りがちですが、実際には、医学的な知識を持つ弁護士は少ないのが実情です。

弁護士法人キャストグローバルだからこそできるサポート

弁護士法人キャストグローバル越谷レイクタウン支店では、交通事故の被害者に向けた、医学的なサポートを得意としています。とりわけ、後遺障害の申請といったように、どうしても医学的な知識が必要な場面が出てきます。そうなった場合、法律に詳しい弁護士に頼りがちですが、実際には、医学的な知識を持つ弁護士は少ないのが実情です。

労災事故に遭いお困りの方へ、労災について徹底解説!

労災事故に遭遇して怪我や後遺障害を負ってしまった場合、労災保険から補償を受けることが可能です。労災保険の加入は事業主の義務であり、職種・業種関係なく労働者なら誰でも保証が受けられます。アルバイトやパートなど雇用形態も問われません。

労災申請はどうやって行う?申請と給付の流れについて解説

仕事中の事故などが原因で怪我や病気になってしまった場合は、労働災害として認められれば労災保険の補償を受け取ることが可能です。しかし、労災保険の補償を受けるには、怪我や病気の原因が労災であり、労災保険の補償を受ける対象であることを申請してアピールする必要があります。

労災保険給付を受ける為の要件とは?認定基準について解説

勤務中や通勤途中に負った怪我や特定の業務につくことで発症した病気のために、仕事を休んだり以前の様に働けなくなることがあります。そうなると、収入が減ってしまうでしょう。そのようなときに、保険給付を行う労災保険は労働者にとって大きな助けとなる制度です。

労災隠しと労災認定がされなかった際の対処法

労災保険は主に職場で怪我をした際に受けられる補償に関する保険ですが、すべての職場において労災が認定されるわけではありません。労災保険への加入は事業者の義務ですが、一方で労災が認定されると事業者の管理不行き届きと見なされる問題があります。

働けない状況なら休業補償を活用しよう!休業補償の仕組みを解説

仕事中の怪我などで働けなくなってしまった場合、心配なのが職場に復帰するまでの生活費です。特にまだ収入が低くて貯蓄が難しい若い人や、配偶者がいなくて生活費を稼いでくれる人がいない人の場合、短期間でも無収入な期間が発生するのは不安でしょう。

後遺障害を認めてもらうには?後遺障害申請方法と等級ごとの補償金額を解説

労働災害に遭遇し、治療を続けても身体に何らかの不具合が残ってしまう場合があります。これを「後遺障害」と言います。「後遺障害」と認定され、補償金を受け取るためには所定の手続きが必要です。まず後遺障害診断書を医師に作成してもらいます。

労災保険金以外にも請求できるものがあるのか?損害賠償請求について解説

「工場の設備が古くて勤務中に大けがをしてしまい、3ヶ月も休職している…労災で休業給付が出ているが給料より少ない…」このような場合「会社が工場設備を新しくするか、きちんと整備してくれていれば怪我をせずに給料も減らずに済んだのに!」と損害賠償を検討したくなることもあるかもしれません。

ご注意!慰謝料は、労災保険からはもらえません!慰謝料算定方法について

通勤中や業務中の事故によるケガや病気は、労災により保険金を受け取ることができます。しかし労災は規定に沿った金額しか支給しないため、ケガや病気で後遺障害が残った場合や、以前と同じように働けなくなった精神的な苦痛などがあった場合は、労働者本人はもちろん家族にとっても大きな影響があります。